MENU

痛い歯医者と痛くない歯医者

私は虫歯が多くて、小さい頃から歯医者に行くことが多かったのです。 小学生の頃、近所の歯医者に行ったら神経を抜かれました。そのときに、麻酔をせずに神経を抜かれてしまったので、その痛さは尋常ではありませんでした。そのときの痛さがトラウマになって、歯医者に行くのが嫌になって、私は虫歯だらけになって、多くの歯を失うことになりました。最初の頃にかかった歯医者のせいです。それで奥歯は全部なくなってしまいました。部分入れ歯をすすめられますが入れ歯は入れたくないので、残っている歯で食べ物を食べています。そんな私の残りの歯ですが、先日詰めていたものがとれてしまって、ある歯医者に行くことにしました。痛い思いをするのが嫌でしたが、これ以上歯をうしなったら食べ物が食べられなくなったら困りますから勇気を出して歯医者に行くことにしたのでした。 そして、予約を入れて診察台の椅子に座って、歯医者さんが「どうしました?」と聞くので、詰め物がとれて、ちょっとした虫歯も出来ているということを告げました。そして、治療のときには麻酔をかけてくださいと言いました。麻酔なしで歯を削られたらすごく痛いと思ったのです。それで歯医者さんは「わかりました。予備麻酔をしましょう」と言って歯茎のところに薬を塗りました。そのままにしていたら、なんとなく歯茎のところがしびれたような感じになり、実際に麻酔の注射をするときに余り痛くなかったです。それで歯を削って、詰めものをつめて固めて、表面をきれいにして治療は終わったと思いました。 すると歯医者さんは反対側の歯に小さな虫歯を見つけて「こっちの虫歯も治療しておきましょう」と言いました。私は「麻酔をかけてください」と言いましたが、「多分痛くないと思いますよ」と言って、そのまま虫歯の部分を削り始めました。「痛かったら手をあげてください」と言っていましたが、実際に削られても痛くありませんでした。やっぱり虫歯は早期治療が大切なようです。