MENU

私が虫歯の治療で感じた良い歯医者と悪い歯医者

私は甘い物が大好きという事もあって昔からよく虫歯になっては歯医者に行ってました。 それでこれまでにいくつかの歯科医院に行って虫歯の治療をしてもらいました。

 

ですが、その歯医者の中にも良い歯医者と悪い歯医者がいました。それは人間である以上仕方のない事だと思いますが、 やはりプロの歯医者である以上何とか歯に関してはプロであって欲しいと私は思います。

 

ですが、私がこれまでに歯の治療をしてもらった歯医者の中には残念な事にはとてもじゃないですが、プロとは思えないような歯医者もいました。 それは具体的にはどういう事かというと、以前私がある虫歯の治療に行った時の事でした。

 

その歯医者は確かに私が治して欲しいと言った箇所の虫歯の治療は確かにしてくれました。 ですが、その歯医者はそれ以外にも虫歯があるにもかかわらずそこは治療しようと言ってくれませんでした。

 

では、どうして私が他にも虫歯がある事に気づいたのかというと、それは私が舌で奥歯に触れただけで明らかに大きな穴が開いている事に すぐに気づいたからです。それを歯医者ともあろう者が見逃していた事に私はがっかりしました。

 

それに私が歯の治療をお願いした時も他の歯をすべてチェックしているにもかかわらず、大きな穴が開いている虫歯を見逃した歯医者がいた事には 本当にこの歯医者はプロかと愕然としました。

 

ですが、そういう歯医者がいる反面良い歯医者というのもいます。それはつい最近虫歯を治療してもらった歯医者だったのですが、 そこの歯医者はとにかく今ある歯をずっと健康に維持していくにはどうするのが一番良いのかという事まで真剣に考えてくれる歯医者でした。

 

中でも私が驚いたのが私はこれまで歯の検査を何回も受けた事がありますが、それで親知らずを抜いた方が今ある歯がダメにならないと 言われたのは初めてでした。

 

それまでも何度か他の歯医者で歯の検査を受けましたがその時はそんな事を指摘してくれる歯医者はいませんでした。 ですから、歯医者にも良い歯医者と悪い歯医者というのがあるんだなとこれらの経験から実感しました。