MENU

私が会った悪い歯医者について

私は最近歯科医院を他の歯科医院に替えました。その理由は担当となった歯医者にとても不満を持ったからです。実は数年前にまた他の歯科医院で仮歯を作って貰い治療を受けていたのですが、その後引越しをしてしまった事で治療がそのままになってしまい、仮歯も私の本当の歯と色味も似ていて何の違和感も無かった為、そのまま仮歯のまま生活していました。勿論それはとても悪い事でその為に治療中だった歯が悪化し、仮歯が外れたはずみで噛んでしまい仮歯が欠けてしまったのです。

 

そしてその問題の歯科医院に行って事情を話し、担当となった歯科医師に新たな仮歯を作ってから治療をお願い出来ないかと頼みました。そうしたところ、「作ったところで直ぐに仮歯が抜けてしまうと思うし、急に来られて頼まれても作れません。」と言われました。それでも欠けてしまった仮歯を補修してなんとか固定をしてくれました。ただ、補修をして固定をする事が出来るならば新たな仮歯を作って固定をしてくれる事も可能ではないかと感じました。

 

その時に感じた事は、初診の患者に対して時間や手間の掛かる事はしたくないのだろうという事でした。それよりもその後のブリッジやインプラント等のお金の掛かる治療を早く勧めたかったのだと、その後2度目に通院をした時に気が付きました。私は患者の希望を聞いてくれない歯科医師は信用も信頼も出来ないと思いました。そしてお金の掛からない保険の利く仮歯に手間を掛ける積りは全くないのだと思い、歯科医師に対して不信感を持ちました。私にとってこの医師はお世辞にも良いとは言えず、反対に悪い歯科医師でありそんな医師のいる歯医者は悪い歯医者であると判断をして歯医者を替える事にしたのです。

 

そして結局は引越しをする前に通っていた歯科医院に再び通う事にしました。そこでは希望通りに仮歯を新たに作ってくれて、儲け主義ではない治療を勧めてくれました。まだどのような治療にするのかは私自身がまだ決定をしていませんが、信頼出来る歯医者なのでアドバイスに従ってみようと考えています。私は短時間に悪い歯医者と良い歯医者に掛かった事になります。