MENU

私が体験した良い歯医者と悪い歯医者について

私は現在32歳の男性です。小学生の頃からたびたび虫歯などができると歯医者に通っています。これまで複数の歯医者を通院しました。今日はその中でも良かった歯医者と悪い歯医者での体験談について記したいと思います。 まず、良かった歯医者についてです。ちょうど今から5年ほど前のことでした。虫歯ができたので歯医者に行こうと思ったのですが、仕事で転勤したばかりでどこの歯医者が良いのかわかりません。そこで、仕事の帰り道にある歯医者に入ってみることにしました。そこは、いつも患者さんで溢れていたので、恐らく良い歯医者さんなのだろうと思い、診察を待っていました。診察する前に、受付でアンケートのようなものを渡され、普段どのように歯を磨いているか、さらには今日はどこを治療してほしいのか、などを記していました。アンケートを記しているうちに、名前を呼ばれ、診察台に座りました。まずは、虫歯のところを見てもらいました。さらに、そのほかの部分も見てもらいました。その後、医師から虫歯の状況だけでなく、どのような治療を望んでいるか、さらには他の部分で気になるところもあるが、治療はするかしないか、などかなり細かく説明してもらい、今までの歯医者とは違う対応だったので、かなりびっくりしました。治療はもちろんきちんとしていただけでなく、帰る際には、個人としてのカルテをファイルケースと共に渡され、自分の歯の状況を常にチェックできるように配慮しているところもとても好印象でした。 次に悪い歯医者ですが、これは中学生の頃です。歯科検診で虫歯の疑いがあり、近所の歯医者に通うことになりました。ちょうど虫歯を治療するために、銀歯を被せることになりました。実際に、被せる段階になりどうも上手くかみ合わず、かなり医者が強引に銀歯の処置をしました。結果、2年後にそこの銀歯がきちんと治療されておらず、再び虫歯になり、さらに歯茎に膿みができているという最悪の状態になりました。